シェーン英会話の講師

Pocket

シェーン英会話の講師について感じたこと

シェーン英会話の講師はどんな人たちがいるのでしょうか。

公式サイトに書いてある項目や、私が受講した印象などを書いていきます。

・講師はネイティブ(イギリス系)
※公式サイトより

⇒TOEICのリスニングでは、いかに「単語を聞き取り、頭の中でイメージし、何を言っているかを判断する」ことが大事なため、
日本人教師よりもイントネーションが正しいネイティブの発音を聞けるのはTOEICのスコアを上げるのに非常に重要な要素です。

・講師は全員資格(CELTA、CertTESOL)を持っている

※公式サイトより
CELTA=Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages…ケンブリッジ大学が認定している英語教授の国際資格
CertTESOL=The Certificate in TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)… トリニティ・カレッジ・ロンドンが認定している英語教授の国際資格

⇒この資格については、受講してもあまり実感はありませんでしたが、
ただ英語が話せるから雇われているのではなく、きちんと「人にものを教える」という観点で
企業が教育していることの指標なんだなーと思いました。
でも、やはり講師によっては教え方に差があるため、
自分に合った講師じゃないとモチベーションが上がらないのも事実…。

・日本語も理解している※私の印象

⇒質問を英語じゃなくて日本語でできるっていうのはすごくありがたいです。
なぜなら、TOIECはReadingとListeningの能力を問う試験なので、英語を話せなくてもいいから。
アウトプットすることも大事だけど、TOEICのスコアを上げるために時間を有効活用したかったので、非常に助かりました。

 

いかがだったでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です